Top > プーケット 旅行

プーケット 旅行

プーケット旅行をした兄弟4人組の珍道中の記録を紹介しています。

プーケット 旅行一覧

プーケット の再来か

妻は家に着くなり、荷物の片付けもしないまま、 機内での乗務員との対応に奮闘し疲れたのか、 ばったり倒れ込んだままぴくりとも動かなくなった。 その後2時間程眠り続け、眠り姫(?)の足の余りの熱さに驚いて、 取りあえず濡れタオルで両足・頭と冷やして改善を待ったのだが、 一向に回復の兆しが見えず、体温計で

プーケット の再来かの続きを読む>

渋滞に危機迫る

弟夫婦を車で自宅まで送ると伝える際に、 彼らは電車で帰ると言っていたのだが、 体力を消耗仕切っているであろう弟と それを支える奥様の2人と、この場で別れるには忍びないという、 弟夫婦思いの兄夫婦と言う設定で 話を半ば強引に進め走り出したのだが、 案の定、車はすぐに渋滞の波の中へ。 こうなる事が予測で

渋滞に危機迫るの続きを読む>

成田 で足止め

成田空港に到着後、普通に降りようとしていたら、 なんと!車椅子が用意されているではないか!。 有無を言わさず車椅子に座らせる係員に対して何も言えず、 そのまま係員誘導のもと連行される弟に賭ける言葉もないままに、 弟夫婦は通常の検疫審査ルートとは別のルートで検査となるようだ。 果たして彼らはどれくらい

成田 で足止めの続きを読む>

成田 へ

バンコク発の成田行きの機内は今までとは違い冷房の温度も控めで、 「患者」が乗っいると言う情報はしっかり伝わっている様だった。 弟の様態もひとまずは落ち着いた様子で、奥様もひと安心。 私達夫婦も安心して(と言うかただただ疲れて)爆睡。 目が覚めたのは成田到着まで2時間を切った頃で、 あまりの疲れに短時

成田 への続きを読む>

搭乗ゲート へ ダッシュ

弟の点滴も終わり、支払いはタイ航空が支払うと聞き、 患者である弟の様態に改善のきざしはあまり見られないものの、 乗り継ぎ便の変更や、支払いへの不安は吹き飛んだ事で、 今日中に帰れると喜んでいるのもつかのま、 直ぐさま係員に誘導されながら搭乗ゲートへ向かう事になった。 出発予定時刻まで後僅か、患者は再

搭乗ゲート へ ダッシュの続きを読む>

弟よ

弟は既に建物内の診察室に入って点滴を受けていた。乗り継ぎの時間は約1時間。 既に15分程が経過していて点滴に30分はかかると言う。 ベットで横になっている弟の様子を診るととても回復に向かっている様には見えず、 予定の乗り継ぎ便には乗れない可能性が濃厚になって来た。 一方、先程のレシーバを手にした空港

弟よの続きを読む>

バンコク で乗り継いだコンテナ

数十名もの視線が集まる中、機内で迅速に診察を済ませた弟は、 その後車椅子に乗せられて非常口に接続された荷物の運搬用に使われる様な コンテナのなかに移動され、私達も続いて乗り込んだ。 コンテナの中には既に数名が乗り込んでいたが、 一人は車椅子、もう一人はまつば杖姿で、どうやらこのコンテナは 通常通路で

バンコク で乗り継いだコンテナの続きを読む>

バンコク で 医療チーム が包囲

バンコクに到着すると、そのまま待つ様に指示され、 他の乗客が降りるのを待ってから、それとは別の出入口から ダーッと空港関係者らしき人の波がこちらに向かって押し寄せて来た。 「患者」である弟を差し出すと、 別のシートに座らせるなりスーツ姿の女性スタッフ2人が近寄り、 ひとりは腕を掴んで血圧測定を始め、

バンコク で 医療チーム が包囲の続きを読む>

乗務員 は ナース

弟の身体の不調に対応してくれた乗務員はナースと聞いて、 日本語はかなりあやしいものの、「ナース」のフレーズに一同(頼れる)と実感!。 彼女に様態を詳細に伝えると、反復しながらメモを取っている。 ひと通り話を聞くと、一旦戻って薬と水を持ってきて、 更に2リットル入り程のペットボトルをくれた。 (後で弟

乗務員 は ナースの続きを読む>

タイエアー 機内で一大事

ホテルから空港までは1時間程で到着。 すぐにチェックいんをすませ、搭乗ゲート前で待つことにしたのだが、 弟の様子がおかしい。腹痛を起こした様でトイレに駆け込んで行った。 ホテルからの道中1時間の間に6回も波が来たと言うから、ただ事では無い。 トイレに駆け込んだまま、なかなか出てこない弟を気にしながら

タイエアー 機内で一大事の続きを読む>

コネクティング ルーム の落とし穴

ホテルへ戻った私たちは、帰りの荷造りを軽く済ませた後、 コネクティングルームになっている隣の弟夫婦の部屋へ行き、 再びプールサイドでのんびりしないかと声を掛けた。 プーケットを最後のひと絞りまで楽しもうというつもりだったのだが、 しかし、弟はなにやらグロッキーの様子だったので、私達だけでプールへ。

コネクティング ルーム の落とし穴の続きを読む>

カッパニーナ にリベンジ

カタ に在る イタリアンレストラン カッパニーナにリベンジすることになった。 前回、シェフが不在でお勧めのピザが食べられなかったと言ういきさつを話したら、 土産物店の方が電話でシェフが居る事を確認してくれて、予約もして頂いた。 歩いて5分程で到着。 シェフが居ることも確認済みなので安心して、前回あり

カッパニーナ にリベンジの続きを読む>

ホテルの プール で アクアビクス

滞在5日目は連日の暴飲暴食で鈍った身体をアクアビクスでリフレッシュ! プーケットリゾートも今日が最終日。 雨季だと言うのに天候は日増しに良くなり、 海の蒼さも、空の深さも、旅の疲れも最高潮に達し、今日が最終日なんて 信じられない程ホテルでの生活や遊び方になれてきた所だが、これが現実。 しかし、幸い夜

ホテルの プール で アクアビクスの続きを読む>

シャロン湾 の シーフード レストラン

その後南西部に有るシャロン湾に面したシーフードレストランへ。 今までいくつか入ったのレストラン同様に食べ物は日本人好みの味付けで美味しく、 更に持ち込みでさっき釣り上げた、エビの調理も引き受けてくれてた。 問題は最後に注文したミディアムの赤貝。(の様なもの) 生煮えが旨いと、現地の方のお勧めでテーブ

シャロン湾 の シーフード レストランの続きを読む>

タイ 名物 エビ釣り

釣り上げたエビを持ち込んでシーフードレストランで食すのが本日後半の予定。 釣り上げるのは難しいと言われる、タイの名物のエビ釣りに挑戦!。 午前中にしっかりマッサージを受けたせいか、釣竿を持つ手も軽く 投げ入れた針に反応してくるエビの動きが手に取るように伝わってくる。 なかなか釣れないと言われるエビ釣

タイ 名物 エビ釣りの続きを読む>

プールサイド で マッサージ

朝からのんびり過ごしていたこの日はプールサイドでマッサージを受ける事に。 いつもプールサイドを流しているマッサージのお姉さんに声をかけ、 マッサージをお願いする為料金を確認する事にした。 ネイルケアが150バーツ、マッサージは1時間300バーツ。 妻と義理の妹はネイルケアを頼み、私は1時間のマッサー

プールサイド で マッサージの続きを読む>

カタ の街の タイフード レストラン

タイフードレストランへ行こうとタクシーに乗り着いた先で 車を降りたらなにやら人が近寄って来て、片言の日本語で話し掛けて来た。 目当てのタイフード店に行きたいと伝えると、 その店の界隈は昨年12月の津波被害で今は営業していないと言う。 プーケットに到着してから、あまり津波の傷跡を目にする機会が無かった

カタ の街の タイフード レストランの続きを読む>

トゥクトゥク も タクシー も

トゥクトゥクは300バーツと高めだったが、なにせ緊急事態だけに ドライバーの言い値で乗り込み部屋で一休み。 正気を取り戻した妻は「みんな美味しいものたべてるのかな」と一言。 食べ物には目が無い食いしんぼの「いやしい系」妻は、 今夜行く予定になっていた 屋台 が気になる様子。 元気が出て、食欲が有るな

トゥクトゥク も タクシー もの続きを読む>

タイラーメン

プーケットタウンのタイラーメンは 安い、早い、うまい。 タウンのタイラーメンを美味しく頂く為にアクアビクスから始まった1日です。 朝食後、午後1時のタウン行のバスを予約して、その後ビーチ散策。 雨季だと言うのに、天気は日に日に良くなっていく。 観光客にとっては嬉しい限りだが、地元の人にとっては渇水の

タイラーメンの続きを読む>

カッパニーナ

スパの帰りにカタの街で途中下車し現地在住の方に教えてもらった カッパニーナと言うイタリアンレストランへ。 ピザが美味しいからと勧めて頂いたのだが、なんと!、 シェフがシャワーを浴びに自宅に帰ったとかで不在。 有り得ないでしょ!普通。業務中ですから・・。 しかもシェフがですよ!。でパスタに変更。 ここ

カッパニーナの続きを読む>

スコースパ

スコースパ と言う所へマッサージを受けに行く今日は、早めの起床。 昨晩、飲み過ぎた事を反省しながらシャワーの後、 9時頃から1時間程かけてゆっくり朝食を済ませ、 ビーチに出ると、チョコチョコと何かうごめく物が・・。 よく見ると白い、と言うよりやや半透明に近いカニであった。 すばしっこいカニを追いかけ

スコースパの続きを読む>

ソイバングラのバー

プーケットに弟夫婦と私たち夫婦4人で旅行に行く事になり、 成田空港で弟夫婦と待ち合わせたあと出発まで少し時間があるので、 その間にレストランで軽い食事をしながら雑談に花を咲かせていた。 このあと旅先で自分たちに降り掛かる数々の困難など、この時点では 知る由もなく、搭乗すると定刻の午前10時にはプーケ

ソイバングラのバーの続きを読む>

カテゴリー
更新履歴
プーケット の再来か
渋滞に危機迫る
成田 で足止め
成田 へ
搭乗ゲート へ ダッシュ
弟よ
バンコク で乗り継いだコンテナ
バンコク で 医療チーム が包囲
乗務員 は ナース
タイエアー 機内で一大事
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
河口湖の貸別荘コテージ ゲストハウス り楽S