Top > 九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅

九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅

南九州の鹿児島と宮崎と熊本を廻る珍道中の記録です。

九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅一覧

沈 壽官 窯 ちんじゅかんがま

薩摩焼きの里 美山 には13の窯元が有るらしい。 その一つの 沈 壽官 窯 ちんじゅかんがま へやって来た。 傾斜と緑に囲まれた沈 壽官 窯はとても落ち着いた雰囲気のところ。 歴史をひも解くと・・、 1598年 豊臣秀吉の朝鮮侵略の帰りに朝鮮から陶工約80人を連れて返り、 内40人余りが串木野市に

沈 壽官 窯 ちんじゅかんがまの続きを読む>

美山 アップルミント

伝統の薩摩焼き発祥の地 美山 へやって来た。 窯元を廻る前に腹ごしらえをと探し当てたお店がここアップルミント。 車一台がやっと通り抜けられる細い路地を抜けたところにたたずむそのお店は、 木立の中のオープンカフェと言ったところ。 そうは言っても12月も末、外と言うわけにも行かず店内で頂く事に。 メニ

美山 アップルミントの続きを読む>

薩摩 金山蔵 さつまきんざんぐら

薩摩 金山蔵 はその名の通り、350年前に金の鉱脈が発見された時の 坑道を(串木野金山)利用して仕込みから貯蔵までを行っている蔵元。 当時、第19代大守島津光久公の頃に発見された鉱脈は 日本一の産金量を誇っていたと言われている。 それは、江戸時代から薩摩の財政を支え明治維新の原動力になったとも言わ

薩摩 金山蔵 さつまきんざんぐらの続きを読む>

焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛 はまだやでんべえ

鹿児島には100を越える焼酎蔵があるらしく、 最近地酒に目が無い我が妻が鹿児島出身の会社の上司に 抑えどころを伺ったところ浮上したのがこの 濱田屋伝兵衛。 朝一で廻った霧島神宮とは鹿児島空港を挟んで反対方向ではあったが、 高速道を利用して一路 いちき串木野市 へ車を進めた。 まさに蔵元と言うにふさ

焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛 はまだやでんべえの続きを読む>

霧島神宮

霧島神宮から高速道を利用していちき串木野と美山を廻り鹿児島空港へ戻る、 と言うのが南九州の旅 最終日を迎えた義理人情兄弟4人組の今日の日程。 最初の霧島神宮は、またまた神話の里パワースポットと言えるところ。 神話では天照大神(あまてらすおおみかみ)が地上を治める為に 高天原(たかまがはら)からつか

霧島神宮の続きを読む>

霧島温泉 ホテル霧島キャッスル

最終日の宿泊地は霧島温泉となりました。 実は宿泊地のホテルを探す段階で始めに見付けたのがこのホテルで、 旅のルートは未だ未定にも関わらずただ安いという理由だけで、 ずっとマークし続けていたホテルでありました。 2食付きのうち夕食はなんと部屋食で、 しかも豪華絢爛・・・は言い過ぎにしても、なみ 以上

霧島温泉 ホテル霧島キャッスルの続きを読む>

知覧武家屋敷

知覧武家屋敷は鹿児島出身の妻の会社の上司推薦の地で、 薩摩の武将達の古民家が当時の町並みと共に残る所。 本来は入場券の購入が必要なのだが、4時を回って時間が遅い為かそれも請求されない。 知覧の武家屋敷跡の町並みに足を踏み入れると、そこは江戸時代の町並み。 と、言うよりもどこか異国の空気さえ漂うとこ

知覧武家屋敷の続きを読む>

仙巌園 せんがんえん(磯庭園)

仙巌園 せんがんえん(磯庭園)は20数年前に友人達と訪れたところ。 青春時代の思い出の地としてはかなり地味だが、海岸から山の奥の方まである かなり広い庭園であったと言う記憶は正しかった様で、 違うのは磯庭園とは呼ばなくなっているところ。 ここには、大河ドラマ 篤姫 で、江戸の薩摩潘邸の表門として使

仙巌園 せんがんえん(磯庭園)の続きを読む>

ドルフィンポート 篤姫館

鹿児島市内に戻り、真正面に桜島を見ながら錦江湾へ出た所に ドルフィンポートと言うショッピングモールが在り そこで篤姫展をやっているらしい情報を得た四人は、 大河ドラマで大ヒットした「篤姫」のこの旬の時期を逃してなるものかと、 早速向かったのでした。 久し振りに朝から好天に恵まれ、鹿児島のシンボルで

ドルフィンポート 篤姫館の続きを読む>

鹿児島市内を一望 城山展望台

城山は西南戦争(薩摩軍と政府軍の戦い)の激戦地だったところ。 鹿児島市内を一望出来るというので城山展望台へ行ってみた。 途中、西郷隆盛が西南戦争時に立てこもったと言う洞窟に立ち寄り、 命を賭けて国家統一を目指した当時の隆盛に想いを馳せながら、見晴台付近に到着。 その見晴台からは、錦江湾に浮かぶ桜島

鹿児島市内を一望 城山展望台の続きを読む>

照國神社周辺 てるくにじんじゃ

照國神社 周辺には幕末の混乱期に起きた明治維新の立役者達の像が立ち並んでいる。 しかし、なぜか 大久保利通 像 は鹿児島中央駅近く宿泊ホテル前の橋の脇に建てられていたが、、。 照國神社 近くの駐車場に車を止めて、最初に目に入ったのは 西郷隆盛 像。 そこに有るのは上野公園で見慣れた着流しに愛犬と言

照國神社周辺 てるくにじんじゃの続きを読む>

鹿児島中央駅前を散策

朝食かたがた、鹿児島中央駅かいわいを散策。 まずは駅舎の上にある観覧車が印象的な鹿児島中央駅近くの ファミレス「ジョイフル」で朝食。 いたるところで見かけるこのファミレス、外見やイメージカラーは 正にデニーズそのものだったので、一度は入って見ないとなどと 見かける度に話にのぼっていたのだが、ようや

鹿児島中央駅前を散策の続きを読む>

鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館店

鹿児島ラーメン 豚とろ と言う 豚とろチャーシューが特徴の旨いラーメン店が市内にある と言う情報を会社の上司から授かっていた我が妻は、 鳥尽くし料理をたらふく食べてホテルへ戻って来たにも関わらず、 夜食にラーメンを食べると決めていた様で、お腹はラーメンモード。 難色を示す私を振り切って部屋を出て行

鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館店の続きを読む>

鹿児島の夜 「炭」とりいち

鹿児島市内在住で妻の友人を迎えに行きながら、 地元民オススメの飲みやで再会の祝杯をあげる事になった。 ホテルが鹿児島中央駅に近いせいと、混雑する時間帯と言うこともあり、 なかなか進まない。東京みたいな渋滞は無いと聞いていたのだが、 繁華街界隈は混雑していた。 妻の友人を拾ってからは、じもてぃーの案

鹿児島の夜 「炭」とりいちの続きを読む>

錦江湾 に浮かぶ 桜島

もう少し日南海岸のドライブを楽しみたい所だが、 鹿児島で妻の友人と待ち合わせをしている関係上、 そろそろ向かわなければ間に合わない時刻となっていた。 元々の予定は日南海岸を南下した後、 下道で鹿児島市内へ向かうと言うものだったのだが、見通しがあま過ぎた様で、 このルートでは夜の7時を回っても鹿児島

錦江湾 に浮かぶ 桜島の続きを読む>

伊勢海老活き造り ホテルドライブイン 弥太郎

日南海岸をさらに南下しながら腹時計に任せるがままにガイドブックでお食事処を物色。 この先の小さな漁港 富士漁港 に「伊勢海老活き造り」なる見出しで 客寄せを狙っている店を発見!。すかさずナビに入力して向かうことにした。 店の名は、ホテルドライブイン弥太郎・・ん? ホテル?、少々気になりながらも直ぐ

伊勢海老活き造り ホテルドライブイン 弥太郎の続きを読む>

鵜戸神宮 うどじんぐう

20年程前に一度訪れた事の有る鵜戸神宮に 再びやって来る機会が訪れるとは・・と一人静かに感動しながら、ハンドルを握っていた。 あの頃(25歳頃)の若さでなぜ鵜戸神宮を参拝しようと思ったのかは謎だが、 学生時代に建築を専行していた事から、海辺の岸壁の洞窟の中に収められたその建造物に興味を持ったのもう

鵜戸神宮 うどじんぐうの続きを読む>

青島 日南海岸

相変わらず雲の多い天気ながら、本日の予定である 「日南海岸をドライブして南国宮崎を楽しむ旅」を続行。 向かうは、あの青島。 かつて新婚旅行と言えば伊豆の熱海か宮崎の青島かと言う時期があったそうだが、 その青島、私は今回が3度目で、初めて訪れたのは確か学生時代の夏休み、 2度目は20代半ばの寂しい寂

青島 日南海岸の続きを読む>

宮崎県庁

薄曇りの天気の今日は宮崎県庁訪問の後、日南海岸をドライブの予定なので、 午後にかけて天気の回復を期待しながらホテルを後にした。 宮崎県庁舎へ到着。ゴシック様式の建物だそうで、 今は建て直してしまった私の田舎の栃木県庁舎にどこか似ている。 親切な警備員さんに続いて東国原知事の等身大ボスターが迎えてく

宮崎県庁の続きを読む>

焼肉の幸加園 やきにくのこうかえん

今夜の夕食はプロ野球選手も宮崎キャンプの時には訪れる  焼肉の幸加園 と言う焼肉屋で宮崎牛を頂く事になった。 さて、問題はこのイベント会場からどうやって駅前近くへ移動するかと言う事。 一番に浮かぶのはタクシーだが流しのタクシーは無いらしく、 ちょうど駅方面へ向かうシャトルバスが出る所で、慌ててそれ

焼肉の幸加園 やきにくのこうかえんの続きを読む>

フローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデン

ホテルに到着したのは夜の8時を回る頃、早々にチェックインを済ませ、 向かった先は部屋ではなく、フローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデン。 シーガイアリゾートホテル近くで開催されているらしいと言う情報を入手し、 そのホテルまで宿泊するこのホテルからシャトルバスが出ている と言うのでとにもか

フローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデンの続きを読む>

高千穂神社

スピリチュアルスポット目白押しの高千穂、 巡りたい所はたくさん在るのだが、今日の宿は南東部の宮崎市。 現在いるのはどちらかと言うと北西部。 なので、最後に一カ所だけ立ち寄ったのは、その名も高千穂神社。 かつて高千穂周辺には554社の神社が有ったらしく、中でも格の高い神社を 「 高千穂八十八社 」と

高千穂神社の続きを読む>

天岩戸神社 あまのいわとじんじゃ

これと言った知識も無く訪れた天岩戸神社はそれは不思議な神社であった。 まず始めに訪れたのは 天岩戸神社 西本宮 で 岩戸川 をはさみ対岸に 東本宮 がある。 西本宮の御神体はなんと対岸にある洞窟なのだそうで、 参拝に訪れて普通に境内を廻っていたのでは御神体を拝む事は出来ない。 社務所に声掛けすると

天岩戸神社 あまのいわとじんじゃの続きを読む>

地産地消 で 高千穂牛 田の花

お昼は少し贅沢に、高千穂牛を頂く事に。で、 田の花 に決定。 そこは山あいの一本道をくねくねと登った先にあるお店で、 ナビが無ければ到底辿り着けそうも無いお店であった。 高千穂牛石焼きと地の野菜を使った季節の野菜コースをそれぞれ頼んで、 雨の中ボートに乗り込んだ為にびしょ濡れになった上着を乾かしな

地産地消 で 高千穂牛 田の花の続きを読む>

高千穂峡 と 真名井の滝

高千穂町へ入って最初に訪れたのは高千穂峡。 ポスター等で多くの方が一度は目にした事の有る、 滝が流れ込む 神秘的な色の水をたたえた あの渓谷だ。 渓谷と言うだけあって、そこは一般道から細い道でかなり降った所にあった。 駐車場の係りの人の口から最初に出た言葉は、「ボート乗り場はそっち」。 ボートって

高千穂峡 と 真名井の滝の続きを読む>

高千穂のパワースポットか トンネルの駅

宮崎県に入りいよいよ高千穂峡かいわいに点在する数々のパワースポットを訪れる事になった。 山あいを抜け出し高千穂の町へ降る途中、 空とも谷あいとも言えない空間に白いもやの様なものが神秘的な雰囲気で漂い、 これからスピリチュアルスポットへ向かう私たち4人の心を洗礼するかのようにどんどん迫ってきた。 ド

高千穂のパワースポットか トンネルの駅の続きを読む>

阿蘇の外輪山を回り宮崎へ

中岳を中心に外輪山に沿うように道路が一周している、阿蘇山のカルデラ。 これが元々は巨大な一つの山だったとはにわかには信じがたいが、 最初に発見した人はいったい何を根拠に 山が陥没して出来た地形だと考えたのだろうか?。 一見すると、 「 山々に囲まれた盆地の中にまた山が在る 」ただそれだけなのだが・

阿蘇の外輪山を回り宮崎への続きを読む>

風呂場から 大観峰 の眺め

翌朝は雨。今日の予定は大観望から黒川温泉を回って、 高千穂へ抜けるゆわばビューポイント&パワースポット目白押しの欲張りコース。 少しモヤがかかった様な霧雨模様の天気に、 晴れなければ意味の無い大観峰コースは直ぐさま消え去り、 ルート上の黒川温泉も割愛と相成りました。 そんな中、展望風呂があると聞い

風呂場から 大観峰 の眺めの続きを読む>

阿蘇の司ビラパークホテル

2泊目の宿泊地は阿蘇中岳も見通せる外輪山の内側のホテル。 到着時点では日もとっぷりと暮れ、一体どの様な所にいるのかは解らなかったが、 朝になってそれは判明する事になる。 南九州旅行初日を無事に終えた私たち4人は、 チェックイン済ませそれぞれの部屋へ案内してもらった。 4人ひと部屋が条件で割安になる

阿蘇の司ビラパークホテルの続きを読む>

熊本城 天守閣 へ

天草から熊本城までは我が妻に運転を頼んで少し休む事にした。 全く知らない道だがカーナビと言う便利な道具のお陰で、 ドライバーにも助手席に座る人にも優しい環境が嬉しい。 気が付くとクルマは熊本市内の市街地入りつつある所。 熊本城まであとわずかの所まで運転して来た妻以外は起きている者はおらず、 一人孤

熊本城 天守閣 への続きを読む>

天草五橋 パールライン

鹿児島空港に着きながら、まず向かったのはなぜか熊本の天草五橋。 八代海に浮かぶ大小の島々。1637年に起こった天草島原の乱。 それを率いた天草四郎時貞ゆかりの地だそうだ。 難しい事はさて置き、大パノラマが広がると言う天草五橋へ車を進めた。 1号橋、2号橋と橋を渡って行くのだが、橋からの眺めはなかな

天草五橋 パールラインの続きを読む>

鹿児島 の夜は寒かった

鹿児島の夜は寒かった。 飛行機から連絡通路へと向かうと、す、す〜っと入って来る冷気に、 鹿児島らしからぬものを感じたのは私だけでは無かったはず。 用意して行った厚手のコートと手袋が役に立った。 南九州を巡る明日からの行程のために前日入りした私たちが かごしま空港ホテルに着いたのは、午後9時半。 ホ

鹿児島 の夜は寒かったの続きを読む>

カテゴリー
更新履歴
沈 壽官 窯 ちんじゅかんがま
美山 アップルミント
薩摩 金山蔵 さつまきんざんぐら
焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛 はまだやでんべえ
霧島神宮
霧島温泉 ホテル霧島キャッスル
知覧武家屋敷
仙巌園 せんがんえん(磯庭園)
ドルフィンポート 篤姫館
鹿児島市内を一望 城山展望台
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
河口湖の貸別荘コテージ ゲストハウス り楽S