Top > 日光菖蒲ヶ浜キャンプ 2008

日光菖蒲ヶ浜キャンプ 2008

日光菖蒲ヶ浜キャンプ場でのキャンプの様子です。 2008年

日光菖蒲ヶ浜キャンプ 2008一覧

光徳牧場 も楽しんだ

天気さえ良ければデイキャンプをもっと楽しみたい所だが、 何やら怪しい雲行きになって来て、急遽撤収となった。 広げたままのカヌーを急いで畳み、 テーブルや椅子等を片付けている所でポツリと一滴。 みな段取り良く、役割分担を心得ていて、移動用のリヤカーも準備済みだった。 荷物を車に積み込んだらこれにて解

光徳牧場 も楽しんだの続きを読む>

バルブからエアー漏れ

カヌーを乾かしている間に、昼食の準備。 お昼は温めるだけの簡単レトルトパスタ。 今回は・・と書くと語弊が有りますが、内輪の話しながら我が妻が大活躍!。 サクサクとパスタとソースを取り分けておりました。 そう言えば、朝も片付けをしていたし、 なにより湖上でパドルを持ってましたからね!?。 内輪にしか

バルブからエアー漏れの続きを読む>

カヌー で対岸へ

湖面を吹き抜ける西からの風は朝よりは強くなり、やや波だってきたが、 特に問題無く岸を離れた。 対岸を目指しそれぞれのペースで進む4艇のカヌー。 会話が有ったのは初めのうちで、後は皆黙々と漕いでいた。 対岸のビーチに到着すると、お決まりの乾杯!。 着いた途端になぜか風も波も収まっておりましま。 お昼

カヌー で対岸への続きを読む>

エアー抜け カヌー

翌朝、子供の声で目を覚ました私だったが、 妻は起きたもののまだ朝も早いのだろうと暫くは布団の上でごろごろしていると、 いつの間にか全く人の気配を感じなくなり、 なんとみんなは既に昨日の食器等の片付けに慌ただしく動き回っていた。 早朝の中禅寺湖のまた見事な夏景色に感動しながら何枚も写真を撮っている間に

エアー抜け カヌーの続きを読む>

ダッチオーブン

お腹もそろそろ満腹に・・・というタイミングで仕上がった ダッチオーブンで炊いたピラフ。 これがまた美味しくて、さらさらとお腹の中に収まって、 ビールに続いて注がれたワインに、もはや満腹中枢も破壊され、 残るかと思われた1.5キロの最上級ラム肉は旨さもさる事ながら、 酒の力で皆の口に運ばれて行くので

ダッチオーブンの続きを読む>

夕食はジンギスカン

カヌーを終えての自由行動の時間とは言っても ガッチャマンはメインの晩御飯であるジンギスカンとピラフの準備、 我が妻は最近はまっている、ハーブを使ったベーコンポテトの下準備にと 忙しく動いておりました。 夕暮れが迫り、あちらこちらのサイトからは、 宴の歓声がキャンプ場全体に響き渡る頃、私達もほぼ完成

夕食はジンギスカンの続きを読む>

カヌー で漕ぎ出せ

カヌーの準備は出来たのだが、 この段階でクリアーしなければ漕ぎ出せない難関が待っていた。 それは、2歳になる女の子が恐がる様なら湖面には出られないと言う問題。 以前、グアムへ家族で旅行に行った際、シーカヤックをやったそうだが、 その時は途端に泣き出して、旦那さん一人でやっていたそうだ。 そこで!、

カヌー で漕ぎ出せの続きを読む>

お昼はタコライス

ガッチャマンと合流後タープを張って皆のリビングが完成すると、お昼の時間。 昼食に用意して来たのは、恒例になりつつあるタコライスだ。 簡単なのにとても美味しい一品。 温めたパックのご飯に特製のミートソースを載せ、刻みレタス、 細切りチーズ、添付のスパイス、プチトマトを載せて完成!。 そのプチトマト、

お昼はタコライスの続きを読む>

キャビン 幸の湖

佐野サービスエリアで友人と合流後日光へ。 高速料金の方は浦和インターで降りた金額を差し引いても 正規よりも850円安くあがりました。 あれだけ晴れ上がっていた空も、いろは坂を登る頃には曇り空に。 まだ梅雨も明けていないため、 せめて雨が落ちて来なければと、願いながら湖畔へ。 雲の間から時折差し込む

キャビン 幸の湖の続きを読む>

高速道路 の 通勤割引

日光菖蒲ヶ浜でのキャンプを祝福しているかのような快晴の朝、 今まで雨にたたられ延び延びになっていたキャンプを決行!。 気持ちはすでに菖蒲ヶ浜に飛んでいるものの、 この夏の陽射しを2日間浴びる草花達に水をあげ、洗濯物も仕上げてから出発。 ガソリン高騰のおり、何とか高速料金だけでも安く仕上げようと、

高速道路 の 通勤割引の続きを読む>

河口湖の貸別荘コテージ ゲストハウス り楽S