Top > 日光 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009 秋 > 日光 中禅寺湖 畔 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009年 秋

日光 中禅寺湖 畔 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009年 秋


東京を出て2時間半ほどで中禅寺湖湖畔へ到着。
場所取りもあったのだが、更に奥の湯の湖まで一気に車を走らせた。

さすがに台風直後だけに綺麗に色付いていたであろう葉っぱは落ちてしまって、
見ごろの筈の景色も少し寂しい。

菖蒲ヶ浜へ引き返し、受付をしていると、ガッチャマンがやってきた。

この時期の混雑ぶりで湖畔寄りのサイトに空きは無く、珍しく林の中に設営。
強風を避けられる利点は有るが、この時期に欲しい日差しが枝葉で遮られて届かない欠点も。

設営の後に朝から乾杯!。この何でもあり的な野放しの感覚がたまらない。
着いてしまえば、酒を飲もうが、昼寝をしようが辺りを散策しようが、自由だ。

日光 竜頭の滝 の 紅葉

気象庁の当初予想で早まるとされていた今年の紅葉は、
いつの間にかほぼ平年並みに修正されていて、実は今週は一週早かった。

木々の葉っぱは一部を除いてまだ青々と生い茂り、
全体的に色付くのは来週あたりか。

持参したカヌーを組み立て、
湖の中央から全体の紅葉を眺めるために準備をしていたのだが、
風が止まずに本日は割愛となりました。

いつもの如く近くの竜頭の滝へ途中の木々の色付き具合を観ながら散策に出掛けた。

日が傾き始めた頃、雲一つ無い快晴の空に皆が期待するのは夜の星空。

その夜にはハッキリと確認出来る天の川と流れ星。
更には、いつもの星座が確認出来なくなる程に夜空を埋める満天の星々。
ジェットストリーム・・・。

新月が近いために、月明かりが星空を邪魔する事の無い絶好のコンディションで、
流れ星も二つ確認出来た。

翌朝6時に目が覚めた私はカメラを持って辺りの被写体を物色。
氷が張り、霜が降りた湖畔はなかなか幻想的な雰囲気。

これが伝えられる様な写真が撮れれば納得なのだが、
写真はなかなか奥が深い様です。

今回の食事はすべてガッチャマン夫妻にお任せで、
昨夜はチゲ、朝食は豚汁うどん。やっぱり寒い時期には、汁物が暖まる。

さてさて、カヌーをするに当たって、湖上の状態はと言うと、
風は有るもののまずまずのコンディション。行くなら今。

本日は無理をせず、対岸では無くて近くの浜に決定。
子供を含む四人乗船となった我が家のカヌーは、ずっしりと喫水も低く、
何時ものスイスイとはなかなか行かない。

カヌーに乗ったらのんびり昼寝が当たり前の我が妻も
今日は艇の先頭で頑張りやぶりを発揮。

もっとも、さすがに五十肩の私だけには任せられないと言うのが本音の様で、
他のカヌーの進行状況を見ながら、こっちが遅れ始めると前に乗せてある妻のエンジンが自動的に稼動して調節してくれる。

日光 中禅寺湖 畔

湖面に浮かびながら眺める奥日光の紅葉は、なかなか乙な物で、
もう少し色付きが良ければ・・なんて、贅沢な事も言ってみたくなる。

比較的近めの浜に上陸。
周りの景色を楽しみながらのんびりと時間を過ごした後・・・
と言いたいところだが、この日は少し様子が違っていた。

なぜか、私のカッパにだけ、虫が寄ってくる。

しかも何匹も。

払っても払っても纏わり付く虫達に、何か虫を寄せ付ける臭いでも発しているのかと、嗅いでみても、前回洗濯した時の柔軟剤のいい匂いがする以外は、気になる臭いは無かった。

が、この後、その柔軟剤の臭いが思わぬ結果をもたらすのでありました。

日光 中禅寺湖 畔のビーチ

そろそろ帰ろうかと再びカヌーに乗り込み、漕ぎ始めると、
岸から着いて来たのか一匹の足長蜂が我が妻にまとわり付いた。

キャーキャー騒ぐ妻にたいし、じっとしていれば居なくなるよと声をかけ、
しばらくしてその場は収まったのだが、
やがて私の襟元で何やらガサガサと動く物が・・・
何気なく手で払いのけようとした瞬間、
チクり!チクり!と二度ほど激痛があごの辺りで走り、
一匹の蜂が襟元から飛び立って行った。

じっとしてやり過ごせば蜂は襲って来ないよと皆に言っていた
当の自分が無造作に蜂を払いのけようとしてしまったわけで、何とも情けない。

ガッチャマンに報告すると、落ち着いていて、キャンプサイトに戻ったら薬を付けてくれるとの事。

こんな事態にも準備善く冷静に対処出来るガッチャマンはやはりキャンプをするうえで、便利な・・いやいや、尊敬するべきアウトドアの達人なのでありました。

キャンプサイトへ戻る頃には、刺されたあごは少し腫れて、
時折ズキンと来る痛みが何とも不気味。

ガッチャマンが用意してくれた薬はマキロンEX。

倍の値段がするそうで、さてその効果はいかに・・!。

そうこうしている内にお昼の時間となり、
暖め直した豚汁にうどんをほうり込んで、
あっと言う間に皆の腹の中へ。

カヌーの片付けが残ってはいたのだが、睡魔に負けて椅子でお昼ね。

寒さで目が覚めると、まず気になるのは蜂に刺されたあご。
だったが、思っていた程腫れは進まず、むしろ収束の気配。
とりあえず安心と言ったところで、サイトの片付けに入った。

帰りに楽しみにしている温泉は、今日は割愛かと諦めていたのだが、
蜂に刺されたあごのはれは収まる気配で、
自己判断だが温泉に短くつかることにした。

帰りのいろは坂渋滞は無い様子だったが、
華厳の滝手前の飯屋で食事をしてから帰る事に。

よく利用するこの店で注文するのは決まって、
焼き魚(岩魚か山女か虹鱒)定食と湯波定食。

今回、新にヒメマス定食1800円が加わっていたので迷わず注文。
他店では、倍の値段も有り得る超お得なおすすめの一品です。

普通定食で出されるニジマスより一回り大きく、
身は赤みがかって味も申し分ない。

紅葉に加えてヒメマスの紅も楽しんだ、今年の奥日光キャンプでした。

日光 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009 秋

日光 菖蒲ヶ浜での キャンプ 2009 秋の巻
日光 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009 秋 関連エントリー
日光 中禅寺湖 畔 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009年 秋
カテゴリー
更新履歴
日光 中禅寺湖 畔 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009年 秋
旅 の締めは 白骨温泉
長野 上高地 後編
長野 上高地 前編
飛騨高山 古い街並
合掌造り の お食事処 いろり
白川郷 合掌造り集落
五箇山 相倉合掌造り集落
長町武家屋敷跡
ひがし茶屋街 ひがしちゃやがい
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
河口湖の貸別荘コテージ ゲストハウス り楽S