Top > 北陸 白川郷 高山 上高地 の 旅 > 上高地 > 長野 上高地 後編

長野 上高地 後編


上高地バスターミナルから歩き始めて河童橋を左手に見ながら、
梓川を上流へと進むと 小梨平キャンプ場 と言うところを通り抜ける。

この辺りまではトイレも数ヶ所あり、遊歩道も広い為に、
河童橋界わいを中心に川の左右を散歩程度に歩くには安心して楽しめるところ。

小梨平キャンプ場を過ぎると、明神橋までトイレは無い。

別にトイレがトレッキングのルート決定の基準では無いのだが、
やけに数が多ので気になってしまった。

経由地の明神池がちょうど中間地点となっいて、それぞれ片道1時間ほど。

森林の香りを浴びながら歩き始めると透き通る様な見事な青空をバックに、
明神岳が少しづつ形を変えながら私たちを静かに見守ってくれている・・様に感じていたが、
明神橋に到着する頃には、荒々しい明神岳がまるで威圧するように見下ろしてくる。

明神橋と明神岳

現在の釜トンネルから大正池を通って上高地へと入ってくるルートは、
むかし多くの登山家らが通った松本から上高地へのルートの後に出来たらしく、
明神は、それによって早くから開けた一帯だったそうだ。

上高地も見る角度を変えるとこうも変わるのかと、遠い昔に想いを馳せる瞬間でありました。
もっとも、登山ともなればまた違う上高地を体感出来るのだろうが・・。


中継地点の明神池へとやって来た。

利用したタクシーの運転手が言っていた話しを思い出した。

−−−−−−−−−−

上高地はその昔「神降地」と書いて、神様が舞い降りた地といわれていたそうだ

                           −−−−−−−−−−

まさに今、目の前に広がる明神池は神域となっており、
池の渕には穂高神社奥宮が鎮座している。

透明度の高い透き通る水に生息する水草と水面に映り込む明神岳、
優しく包み込む様に生い茂る森林と、漂う静寂・・、
眺めているだけで心が落ち着いてくる・・。

・・・ようやく半分・・、

いかんいかん雑念が入ってしまった。・・と、言う事で、
明神池を後に今度は梓川の流れに沿う様に下流に向かって歩き出した3人衆。

途中「嘉門次小屋 かもんじごや」と言う宿泊施設も併設されている、
明治時代の名ガイド上條嘉門次ゆかりの山小屋と言うのがあって、
そこでの昼食も可能だったのだが、皆あまり空腹感も無い為に スルー。

後で調べると、座敷にある囲炉裏で焼く岩魚が美味だったとか・・、
食べなくても店内の様子を覗いておきたかった。

梓川に架かる明神橋(右岸)

川沿いの道を少し進むと、遊歩道は緩やかに森林の中へととけ込んで行く。

上高地で見かけた さる

途中、全く人間に動じない さる に遭遇しながら歩く事約1時間、
再び河童橋界わいのにぎやかな場所へと戻ってきた。

明神池から戻るルートの方が行きよりも遠く感じたのは、
どんよりとした雲が覆い始めたこの天気のせいだろうか。

タクシードライバーの方が言っていた、
「戻って来る頃にはこの雲も取れて快晴だよ・・」は実現する事はありませんでした。

河童橋を渡ると、上高地のひと時も終盤。

近くにある五千沢ホテル内にある河童食堂で暖かい物で温まり、
トレッキングの疲れを癒しながらも、山にかかる雲の具合をチェック。

ふたたびタクシーで上高地を後にするまで、晴れる事はありませんでした。

道中、運転手の方とひと言ふた言、言葉を交わしたのは覚えているのだが、
長い長い釜トンネルに入ると暗くなったせいか急に睡魔が襲ってきて、全員爆睡。

気が付くと車を置いた茶嵐まで戻っていた。


名称     上高地
所在地    長野県松本市安曇上高地
電話番号   0263−95−2405(上高地観光旅館組合)
通行可能期間 4月下旬から11月15日

2009年 7月15日

参考
久しぶりの上高地 - 白馬ハイランドホテル スタッフブログ
Prost Familie! : そして上高地

北陸 白川郷 高山 上高地 の 旅

黒部 峡谷 トロッコ 列車 金沢 東茶屋街 武家屋敷跡 飛騨 高山 白川郷 上高地 を廻る欲張り旅行の記録です。

上高地

長野県上高地への旅の記録です。
上高地 関連エントリー
旅 の締めは 白骨温泉長野 上高地 後編長野 上高地 前編
カテゴリー
更新履歴
日光 中禅寺湖 畔 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009年 秋
旅 の締めは 白骨温泉
長野 上高地 後編
長野 上高地 前編
飛騨高山 古い街並
合掌造り の お食事処 いろり
白川郷 合掌造り集落
五箇山 相倉合掌造り集落
長町武家屋敷跡
ひがし茶屋街 ひがしちゃやがい
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
河口湖の貸別荘コテージ ゲストハウス り楽S