Top > 九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅 > 高千穂峡 と 真名井の滝

高千穂峡 と 真名井の滝


高千穂町へ入って最初に訪れたのは高千穂峡。
ポスター等で多くの方が一度は目にした事の有る、
滝が流れ込む 神秘的な色の水をたたえた あの渓谷だ。

渓谷と言うだけあって、そこは一般道から細い道でかなり降った所にあった。
駐車場の係りの人の口から最初に出た言葉は、「ボート乗り場はそっち」。

ボートっていったい何の事?と特に気にもとめずに歩いて行くと、
橋の真下に峡谷がポッカリ口を開けていた。近くにはあの滝も見える。

すると!橋の影から
ギッコンバッタンと手漕ぎボートが滝に向かって進んで来るではないですか!。

高千穂峡 と 真名井の滝


後で知ったのだが、ボートを借りる観光客は多いらしく、
普段は長蛇の列に何時間も列んで乗り込むそうです。

しかし、今日は雨。何もこんな日に・・・等と思っていたのだが、
辺りを散策して帰る頃には、自分達もこの谷底にボートを浮かべておりました。

高千穂峡とは、阿蘇の火山郡から流れ出た溶岩が
永い年月をかけて侵食されて出来た渓谷だそうで、
その岩肌や切り立った絶壁「屏風岩」などの神秘的な造形美が有名。

高千穂峡 と 真名井の滝

上からの眺めもさることながら、
水面にボートを浮かべて見上げる両側に立ち上る絶壁と空、
そして舞落ちる滝のしずくのキラキラと美しいこと!。

是非、訪れる機会に恵まれたならば、高千穂峡をボートで楽しんで頂きたい。
ちなみにボートは3人乗りで30分千円、天気のいい日は行列覚悟で!。

2008年12月21日

九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅 2日目

本日のルート
風呂場から 大観峰 の眺め 阿蘇の外輪山を回り宮崎へ 高千穂のパワースポットか トンネルの駅 高千穂峡 と 真名井の滝 地産地消 で 高千穂牛 田の花 天岩戸神社 あまのいわとじんじゃ 高千穂神社 フローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデン 焼肉の幸加園 やきにくのこうかえん

参考
◆高千穂峡◆…神秘に浸ります…イワタバコ… nobaraの散歩道/ウェブリブログ
ドリームプレス社・江原さん・東国原知事対談(前):星が生まれて消えるまで:So-net blog

九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅

南九州の鹿児島と宮崎と熊本を廻る珍道中の記録です。
九州 鹿児島 宮崎 熊本 の旅 関連エントリー
沈 壽官 窯 ちんじゅかんがま美山 アップルミント薩摩 金山蔵 さつまきんざんぐら焼酎蔵 薩洲濱田屋伝兵衛 はまだやでんべえ霧島神宮霧島温泉 ホテル霧島キャッスル知覧武家屋敷仙巌園 せんがんえん(磯庭園)ドルフィンポート 篤姫館鹿児島市内を一望 城山展望台照國神社周辺 てるくにじんじゃ鹿児島中央駅前を散策鹿児島ラーメン 豚とろ 天文館店鹿児島の夜 「炭」とりいち錦江湾 に浮かぶ 桜島伊勢海老活き造り ホテルドライブイン 弥太郎鵜戸神宮 うどじんぐう青島 日南海岸宮崎県庁焼肉の幸加園 やきにくのこうかえんフローランテ宮崎 イルミネーションフラワーガーデン高千穂神社天岩戸神社 あまのいわとじんじゃ地産地消 で 高千穂牛 田の花高千穂峡 と 真名井の滝高千穂のパワースポットか トンネルの駅阿蘇の外輪山を回り宮崎へ風呂場から 大観峰 の眺め阿蘇の司ビラパークホテル熊本城 天守閣 へ天草五橋 パールライン鹿児島 の夜は寒かった
カテゴリー
更新履歴
日光 中禅寺湖 畔 菖蒲ヶ浜 キャンプ 2009年 秋
旅 の締めは 白骨温泉
長野 上高地 後編
長野 上高地 前編
飛騨高山 古い街並
合掌造り の お食事処 いろり
白川郷 合掌造り集落
五箇山 相倉合掌造り集落
長町武家屋敷跡
ひがし茶屋街 ひがしちゃやがい
ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
河口湖の貸別荘コテージ ゲストハウス り楽S