Top > F1

F1

フォーミュラー1 F1 の開幕戦から最終戦までの戦況をお伝えしていきます

F1一覧

トヨタ F1 撤退

トヨタ自動車が 参戦していた自動車レースの最高峰  F1 シリーズ から今期限りで撤退する方針を固めた。 トヨタは2002年にF1に参戦し、2012年まで出場すると表明していたが、 大幅な赤字に陥っている現在、F1参戦での多額の経費を負担するのは難しいと判断。 トヨタは2010年に2年連続の赤字を

トヨタ F1 撤退の続きを読む>

F1 トルコGP マッサが3年連続優勝

2008年5月11日 F1 トルコGPにてマッサが3年連続ポールトゥウインで優勝する偉業を達成。 フェラーリも2004年依頼4年ぶりの4連勝で圧倒的な強さを見せ付けた。 レースに先立ち発表されたスーパーアグリのF1撤退の報道を受け、 期待が高まる唯一の日本人ドライバーである中嶋一貴はスタート直後の

F1 トルコGP マッサが3年連続優勝の続きを読む>

スーパーアグリ F1 から撤退

スーパーアグリ が F1 の世界から姿を消してしまった。 大企業の威信をかけて潤沢な資金を持った自動車メーカーにたいして、 それとは独立したプライベートチームであったスーパーアグリ。 ウイリアムズやレッドブルなど、レースの上で力をつけているチームとは違い、 どちらかと言うと下位に甘んじていた観が否

スーパーアグリ F1 から撤退の続きを読む>

F1 スペインGP 中嶋一貴ポイント獲得

F1 第4戦 スペインGP は22周目にコバライネンが大クラッシュするなど、 2度のセーフティカーが入る波乱のレースとなった。 コバライネンの救出には時間がかかり、レースが再開されたのは29周目。 フェラーリの2台はその後も快調に後続を引き離し、ワンツー体制。 予選でロズベルグより前でスタートした

F1 スペインGP 中嶋一貴ポイント獲得の続きを読む>

F1 スペインGP 公式予選 アロンソの意地

F1 スペインGP 公式予選の1次予選で ライコネンが 唯一の1分20秒台でトップに立った。 残り時間3分の時点で 中嶋一貴 が6番手と検討。 2次予選では上位陣が軒並み1分20秒台を連発し、 トゥルーリが辛くも9番手食い込む中、 中嶋一貴 のウイリアムズトヨタ、 ホンダ勢も3次予選には進めなかっ

F1 スペインGP 公式予選 アロンソの意地の続きを読む>

F1 マレーシアGP決勝

F1 第2戦のマレーシアGPはペナルティを受けた中嶋一貴と、 マクラーレン メルセデスの2台が降格と言う スターティンググリッドの変更から始まった。 中嶋一貴は開幕戦のオーストラリアGPでクビサと 接触した事を受け10グリット降格の最後尾。 マクラーレン メルセデスの2台も予選中に ハイドフェルドと

F1 マレーシアGP決勝の続きを読む>

F1 オーストラリアGP 開幕戦

F1オーストラリアGP 2008年の開幕戦 ポールポジションはL.ハミルトン スタート直後、後方での多重クラッシュにより 1周目からセーフティカーの導入。 再開するもトゥルーリはマシントラブルでリタイヤ、 その後クルサードとマッサの接触で2度目のセーフティカー導入。 レース再開後マッサ、佐藤琢磨もリ

F1 オーストラリアGP 開幕戦の続きを読む>